PIPE DESIGN,Inc.

ホーム
新着情報
製品情報
GIS導入
システム開発
AutoCAD研修
サポートセンター
PIPE CLUB
資料請求
リンク
会社概要
求人情報
製品購入
ストア
お問い合わせ

Geo Pro

台帳データ作成サービス

PIPE NETWORK
PIPE Design Pro
PIPE VOLC
PIPE GIS Mini
GardenPro
ShapeReader

真空式下水道システムについて

 

なぜ今、真空式下水道システムが注目を浴びているのか?

我が国の下水道普及率は平成17年度末で68.1%となっていますが、一方人口5万人未満の市町村では 36.3%と、地方ほど普及率が低い傾向にあります。
地方の市町村で下水道の普及が遅れた原因の一つは、居住密度の低さや様々な立地条件や周辺環境によって管路建設費が割高であることが考えられます。
そこで、管路施設の計画に当たっては地盤、地形、集落形態、維持管理等を考慮して最も効率的な下水道方式を検討することが必要となります。
下水道整備対象が人口密度の低い地域へ拡大するなか、管渠整備費のコスト縮減が課題になっています。

このような目的に合う新しい下水道システムとして、真空式汚水収集システムは各地で採用が進んでいます。

特徴
1. 管を浅く敷設できるため掘削が少なく、工事期間が短い。
2. 配管径が小さく、樹脂管使用のため軽い。
3. 真空ポンプ場だけに電源を供給すればよい。
4. 管路から外部への汚水漏れがない。

適する地形
1. 平坦な地形
2. 地盤の悪い地形
3. 地下水位が高い地形
4. 道幅が狭い所

PIPE Design Proは流下方式として「自然流下式」「圧送式」「真空式」に対応しています。

真空式下水道設計に関しましては、株式会社荏原製作所の技術協力により完成致しました。

エバラ真空式汚水収集システムの詳細はこちらから

PAGE TOP


Copyright©2016 株式会社パイプデザイン 掲載されている内容の無断転用を禁じます。