PIPE DESIGN,Inc.
developments

ホーム
新着情報
製品情報
GIS導入
システム開発
AutoCAD研修
サポートセンター
PIPE CLUB
資料請求
リンク
会社概要
求人情報
製品購入
お問い合わせ

Geo Pro

台帳データ作成サービス

PIPE NETWORK
PIPE Design Pro
PIPE VOLC
PIPE GIS Mini
GardenPro
ShapeReader

システム開発


受託開発業務
近年におきましては、自治体様を中心として、上下水道における維持管理業務との提携を考慮した設計支援システムの導入に関する案件を多く頂くようになりました。

コンサルタント様からは、自社開発ソフトウェアからパッケージソフトウェアへの移行、自治体様へのシステムのご提案等に関連したお問い合わせを数多く頂いております。

そのような声に対しまして、パイプデザインでは上下水道設計業務に特化した受託開発を行っております。
パイプデザインの技術力を活用頂くこと(アウトソーシング)で、御社の今後の発展に貢献できるものと確信致しております。

開発依頼、業務委託等がございましたらお気軽にご相談ください。
様々な案件を承っております。どうぞお気軽にご相談ください。
希望の内容等に関するご相談を承ります。

お急ぎのお客様は、お電話にてご相談ください。


口頭では説明しにくいご質問内容のお客様、メールにてご相談を承ります。


開発事例
開発事例をまとめてみました。

Webベースの下水道GIS

PIPEシリーズと下水道台帳システムの連携

上下水道台帳システムの構築、設計システムとの連携

PIPEシリーズと数量計算Excelシートの連携

汎用CAD図面から数量計算

PIPEシリーズと工事積算システムの連携

処理場等の設備・資産管理台帳作成

AutoCADとExcel、Access等の連携による自動処理

既存CADシステムからPIPEシリーズへのデータコンバート・システムリプレース

Webベースの下水道GIS

弊社では、Autodesk製品による開発業務で培った技術により、CADシステムからWebGISシステムに至る様々なジャンルでのご提案、制作を行っております。

一例として、弊社アプリケーション「PIPE Design Pro」で作成した管渠情報をMapGuideで利用することが可能です。

 PIPE Design Pro(下水道平面・縦断設計システム)のデータを活用可能
 新たな属性(管渠の施工年度や損傷度など)を追加して管理




GISが活用できるジャンルは様々です。

環境
 防災(ハザードマップ)
 環境汚染分布
 森林分布
公共施設
 上下水管渠施設管理
 道路施設管理
 公園施設管理
その他



MapGuide Open SourceMapGuide Open Source
MapGuideは1996年に最初のバージョンが出荷されて以来、Autodeskの製品として販売されています。2006年3月にMapGuide Open Sourceが完成し、OSGeo財団に管理が移行されました。

また、製品版のAutodesk MapGuide Enterpriseで構成、編集された空間情報は、オープンソースであるMapGuide環境で利用することができます。
オープンソース版と製品版のMapGuideは、共にWEBベースのプラットフォームで動作し、これを使うと、ユーザーがWebマッピングアプリケーションや地理情報などのウェブサービスを手早く開発・展開できるようになります。

MapGuideはフィーチャの選択、プロパティの検査、マップチップのサポートと、バッファ、範囲選択、測定などの操作について、インタラクティブなビューアを提供します。また、コンテンツ管理のためのXMLデータベースが含まれ、一般的な地理空間ファイル形式フォーマットやデーターベース、標準規格をサポートしています。

MapGuide Open Sourceのサーバー環境はLinuxまたはWindows上で展開し、ApacheやIISなどのWebサーバーをサポートしています。
開発言語としては、PHPや.NET、JavaそしてJavaScriptのアプリケーション開発用のAPIを提供しています。

MapGuide Open SourceMapGuide Open Sourceを使うメリットは以下が挙げられます。

 MapGuide Open Sourceが無償で利用できるため、コストを抑えることができる。
 AutoCAD Map3D等で作成したCADデータを簡単に活用できるため、Webへの更新がスムーズに行える。
 ブラウザやプラットフォームに依存しないプラットフォーム
 OracleやMicrosoft Accessなどの商用データベースや無償のDBの使用
 ベクトル及びラスターデータアクセスのためのFDO(Feature Data Object)API採用による、ESRI SHP、ESRI ArcSDE、Autodesk SDFファイル、MySQL、ODBCデータベースフォーマットのサポート

PIPEシリーズと下水道台帳システムの連携

PIPEシリーズで作成した設計情報と下水道管渠台帳システムとのリンクを行います。
自治体様では、維持管理業務の一環として下水道台帳システムの運用に際し、様々なご要望を頂いております。
弊社では、設計コンサルタント様の側面に立ち、コンサルタント・受託開発を行っております。

以下のような様々な要望に弊社がお手伝い致します。

 作成したCAD図面を元に、下水道台帳システムのデータを更新したい。
 下水道台帳システムのデータから縦断検討用のデータを作成したい。
 下水道台帳システムのデータから流出解析用のデータを作成したい。
 下水道台帳システムのデータから資産台帳用のデータを作成したい。
 下水道台帳システムのデータからハザードマップのデータを作成したい。




上下水道台帳システムの構築、設計システムとの連携

上水道台帳システムの構築、設計システムのデータとのリンクを行います。
自治体様では、維持管理業務の一環として上水道台帳システムの運用に際し、様々なご要望を頂いております。
弊社では、コンサルタント様の側面に立ち、コンサルタント・受託開発を行っております。

以下のような様々な要望に弊社がお手伝い致します。

 旧システムを最新のOS等の環境にリプレースしたい。
 上水道台帳システムを利用して管網解析を行いたい。
 上水道台帳システムのデータを利用して資産台帳を作成したい。




PIPEシリーズと数量計算Excelシートの連携

設計コンサルタント様が作成した数量計算用のExcelシートにPIPEシリーズからのデータ出力との連携を行います。

設計コンサルタント様が作成したシートをそのまま使用しますので、数量の拾い出しが正確かつ使い易く大変便利になります。

[作成例 水戸市]




汎用CAD図面から数量計算

設計コンサルタントから自治体に収められる汎用CAD図面から半自動で数量計算書を作成できます。




PIPEシリーズと工事積算システムの連携

PIPEシリーズで設計したデータを工事積算システムと連携します。

官公庁向け 工事積算システム 「e-CYDEEN」

  官公庁向け建設情報ソリューションとして多くの顧客と長い実績をもつ(株)日立情報システムズ

民間向け 土木積算システム 「土木マスター」

  民間では使い易さで好評の(株)システムイン国際




処理場等の設備・資産管理台帳作成

処理場等での建築・電気・機械などに分類される機器の取得日時、取得金額、補修履歴、年または月単位での減価償却の算出、レポート形式での出力を行います。また、CADとの連携による設備機器のレイアウトも実現しています。

Microsoft Access,SQLServer、VB、CAD連携等によるシステム全体の受託開発、メンテナンスサービス、入力業務等を行います。




AutoCADとExcel、Access等の連携による自動処理

長年の経験と実績により、技術者の立場で考えられたGUIをご提供します。

技術者の身近なツールとしてAutoCADとExcel、Accessを利用して高度なデータ連携、自動処理が実現します。
例としては以下のとおりです。

 Excel、Accessに書き込まれた数々のパラメータにより、AutoCADでの作図が自動化できます。
 AutoCADで作成した図面から図形を読み取り、数量計算を自動化します。
 紙ベースの下水道台帳をスキャナで読み取り、半自動で路線情報を構築し、入力の手間を軽減します。
 2次元データから3次元データを起し、3次元による解析、評価を可能とします。
 AutoCAD上のカスタマイズを行います。




既存CADシステムからPIPEシリーズへのデータコンバート・システムリプレース

建設コンサルタント様の自社ソフトはOSの更新、自治体仕様対応等でメンテナンスが大変というお話をよくお聞きします。

そのような時、PIPEシリーズを活用頂くことにより、メンテナンス費等、年間の維持経費が最小限で済みます。OS、自治体仕様対応など社内でメンテナンスの必要はありません。

メリットとして以下のような内容が考えられます。

 既存CADシステムのDBをPIPEシリーズの最新版のデータにコンバートするため、OS、CAD(AutoCAD)バージョンのメンテナンスの心配がありません。
 導入コストはPIPEシリーズ、コンバータ開発、バージョンアップの費用のみとなり、社内でのメンテナンス費用と比べコストがかかりません。
 PIPEシリーズは市販のパッケージ商品のため、社外への再配布時の版権の心配もなく、自治体、協力会社にも同じ商品が利用頂けます。
 データ互換が取れるパッケージを所有した企業間では、共通の財産を共有でき、コミュニケーションが円滑に進行します。
 PIPEシリーズのサポートを受けることができるため、設計業務の進行を妨げません。




PAGE TOP


Copyright©2017 株式会社パイプデザイン 掲載されている内容の無断転用を禁じます。