PIPE DESIGN,Inc.
info

ホーム
新着情報
製品情報
GIS導入
システム開発
AutoCAD研修
サポートセンター
PIPE CLUB
資料請求
リンク
会社概要
求人情報
製品購入
お問い合わせ

Geo Pro

台帳データ作成サービス

PIPE NETWORK
PIPE Design Pro
PIPE VOLC
PIPE GIS Mini
GardenPro
ShapeReader

下水道耐震計算(マンホール本体基盤層版)

下水道耐震計算(マンホール本体基盤層版)

 概要
 
(社)日本下水道協会「下水道施設の耐震対策指針と解説-1997年版」および(社)日本下水道協会「下水道施設耐震計算例-管路施設編-(2001年4月)の文献を参考に、現場打ちマンホール(円形および矩形)の耐震計算を行います。断面照査において、レベル1地震動は許容応力度法、レベル2地震動は限界状態設計法を採用しています。 部分的に基盤層に入るマンホールの耐震計算に対応しました。
 

 内容
 
●計算手法として、下記の3タイプを用意しています。
タイプ1 表層のみ応答変位荷重を載荷する方法
タイプ2 マンホール底面に計算上の基盤位置を設定し、表層の応答変位と、本来の基盤面〜計算上の基盤位置までの応答変位を別々に計算し、足し合わせた変位荷重を載荷する方法
タイプ3 マンホール底面より下方に計算上の基盤位置を設定し、表層の応答変位と、本来の基盤面〜計算上の基盤位置までの応答変位を別々に計算し、足し合わせた変位荷重を載荷する方法

タイプ1 タイプ2 タイプ3
クリックすると画像を拡大します クリックすると画像を拡大します クリックすると画像を拡大します
●部材寸法、荷重、地盤データ等の簡単な入力で鉛直方向、水平方向の断面力の算出を行います。
●鉛直方向断面力算出の弾性体計算(フレーム解析)に対応しています。簡単な入力でフレームモデルを自動的に生成します。フレームモデルは「節点バネ、節点荷重」および「分布バネ、分布荷重」の2タイプが選択可能です。
●鉛直方向の節点の設定および、照査の指定が部材毎に可能です。
●断面形状は、人孔部材(ブロック)毎に「円形」、「矩形」の設定を行い、混在させることも可能です。
●地盤定数(地盤の特性値TG、せん断弾性波速度Vs、設計応答速度Sv)の任意入力が可能です。
●設計対象地震動としてレベル1およびレベル2の地震動を考慮できます。
●矩形断面の水平方向断面力算出は、指針の式、フレーム計算より選択できます。
●下水道常時計算(現場打ちマンホール)で作成したデータの参照読み込みが可能です。

▼条件設定画面

▼計算条件設定画面

▼部材・荷重設定画面

▼円形設定画面

▼矩形設定画面

▼地盤設定画面







条件設定画面
計算条件設定画面
部材・荷重設定画面
円形設定画面
矩形設定画面
地盤設定画面


 適用範囲
 
「下水道施設耐震計算例-管路施設編-」 2001年版 (社)日本下水道協会
「下水道施設の耐震対策指針と解説」 1997年版 (社)日本下水道協会

モデル化 躯体を弾性体としてモデル化しフレーム計算します。
このとき「節点バネ、節点荷重」および「分布バネ、分布荷重」の2タイプのモデルを選択することが可能です。
躯体全体を剛体としてモデル化することも可能です。
断面形状 人孔部材(ブロック)毎に円形と矩形の設定が可能です。
部材数 20部材まで設定可能です。
照査位置 1人孔部材(ブロック)を30分割まで設定可能です。
ただし弾性体計算の場合は(部材数)×(分割数)=<500までとなります。
地盤モデル 土層は30層まで設定可能です。
断面力算出 隅角部の剛域は考慮していません。
断面照査 水平方向の照査において、せん断照査位置を「軸線」「付根」と「部材厚/2」位置より選択できます。
曲げ照査 レベル1地震動による断面力に対しては曲げ応力度により、レベル2地震動による断面力に対しては曲げ耐力により照査を行います。
せん断照査 レベル1地震動による断面力に対してはせん断応力度により、レベル2地震動による断面力に対してはせん断耐力により照査を行います。
▼鉛直方向
▼水平方向

 

 動作環境
OS Microsoft Windows95・98・Me・NT4.0(SP3以上)・2000・XP
CPU Intel Pentium 以上を推奨
メモリ 32MB以上(48MB以上を推奨.)
HD容量 20MB以上の空き容量
ディスプレイ 解像度 800×600ドット以上が表示可能なもの (1024×768以上を推奨)
マウス 本体に対応し、日本語Microsoft Windowsで使用可能なもの
プリンタ 本体に対応し、日本語Microsoft Windowsで使用可能なもの
備考 必要メモリ、ハードディスク容量はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意下さい
 

※ この製品は、川田テクノシステム株式会社が開発したソフトウェアです。

PAGE TOP


Copyright©2016 株式会社パイプデザイン 掲載されている内容の無断転用を禁じます。