PIPE DESIGN,Inc.
info

ホーム
新着情報
製品情報
GIS導入
システム開発
AutoCAD研修
サポートセンター
PIPE CLUB
資料請求
リンク
会社概要
求人情報
製品購入
ストア
お問い合わせ

Geo Pro

台帳データ作成サービス

PIPE NETWORK
PIPE Design Pro
PIPE VOLC
PIPE GIS Mini
GardenPro
ShapeReader

下水道耐震計算(杭基礎)

下水道耐震計算(杭基礎)

 概要
 
(社)日本下水道協会「下水道施設の耐震対策指針と解説-1997年版」「下水道施設耐震計算例-処理場・ポンプ場編-2002年版」、および(社)日本道路協会「道路橋示方書-平成14年3月-」に準拠し、下水道施設(土木構造物)における杭基礎の耐震計算を行います。
 

 内容
 
●応答変位法および震度法による杭の耐震計算を行います。
●多層地盤に対応しています。また、一様地盤(1層)も計算可能です。
●支持杭と摩擦杭に対応しています。
●杭頭反力を任意に入力するため、施設の形状によらない照査を行うことができます。
●常時とレベル1地震動は許容応力度法により、レベル2地震動は限界状態設計法により断面の照査を行います。
●杭種の断面性能を任意に指定することができます。また、材料データとして登録も可能です。
●杭本体の断面変化の検討を行うことができます。
●照査結果が一覧表示されるため、結果の確認および判定が容易に行えます。
●「下水道耐震計算(ボックス横方向)」<別売>と連動して、ボックスカルバートの杭基礎の照査を行うことが出来ます。


▼メイン画面

▼杭基礎―基本条件

▼荷重―杭頭反力

▼杭の断面変化

▼材料登録

▼結果表示

▼杭断面変化(PHC杭)

▼「下水道耐震計算(ボックス横方向)<別売>」上での杭基礎照査

▼出力例1

▼出力例2

▼出力例3


メイン画面
杭基礎―基本条件
荷重―杭頭反力
杭の断面変化
材料登録
結果表示
杭断面変化(PHC杭)
「下水道耐震計算(ボックス横方向)<別売>」上での杭基礎照査
出力例1
出力例2
出力例3


 適用範囲
 
 対応構造物 砧燹平總綛渋な)
粁燹蔽話翹篝濱状構造物)
稽燹僻脳構造物)
故燹癖9膵渋な)
 対応計算タイプ 常時
レベル1地震動
レベル2地震動
 対応杭種 鋼管杭
PHC杭
SC杭
場所打ち杭
鋼管ソイルセメント杭
RC杭
 対応杭工法 打込み杭工法
中掘り杭工法
場所打ち杭工法
プレボーリング杭工法
鋼管ソイルセメント杭工法
バイブロハンマ工法
 計算項目 許容支持力・引抜き力の計算
地盤バネ値の計算
杭反力・変位量の計算
杭頭結合部の計算
  (※レベル2地震動の押抜きせん断の照査は除く)
杭の断面計算
杭の断面変化位置の計算(RC杭は除く)
 最大地層数 30層
 杭列数 1×1〜30×30列
 杭配置 正方配置
千鳥配置
間引き配置
任意配置
 単位系 SI単位
 対応基準・参考文献 下水道施設の耐震対策指針と解説 1997年版(社)日本下水道協会
下水道施設耐震計算例-処理場・ポンプ場編-2002年版
(社)日本下水道協会
道路橋示方書・同解説顕蕊構造編平成14年3月(社)日本道路協会
道路橋示方書・同解説溝竸明澤彿塋神14年3月(社)日本道路協会
杭基礎設計便覧 平成4年10月 (社)日本道路協会

 
 動作環境
OS Microsoft Windows98・Me・NT4.0(SP3以上)・2000・XP
CPU Pentium薫幣紊鮨箴
メモリ 32MB以上(64MB以上を推奨.)
HD容量 50MB以上の空き容量(ハードディスク専用 )
ディスプレイ 解像度 800×600ドット以上が表示可能なもの (1024×768以上を推奨)
備考 必要メモリ、ハードディスク容量はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意下さい
 

※ この製品は、川田テクノシステム株式会社が開発したソフトウェアです。

PAGE TOP


Copyright©2016 株式会社パイプデザイン 掲載されている内容の無断転用を禁じます。