PIPE DESIGN,Inc.
info

ホーム
新着情報
製品情報
GIS導入
システム開発
AutoCAD研修
サポートセンター
PIPE CLUB
資料請求
リンク
会社概要
求人情報
製品購入
お問い合わせ

Geo Pro

台帳データ作成サービス

PIPE NETWORK
PIPE Design Pro
PIPE VOLC
PIPE GIS Mini
GardenPro
ShapeReader

土留弾塑性解析(土木)

土留弾塑性解析(土木)

 概要
 
道路協会・土研・首都高速・土木学会・下水道事業団・鉄建公団に準拠し、各施工ステップの主働・受働土圧、水圧、弾塑性法による断面力・変位を計算し、設計計算書を作成する。断面力・変位計算〜土留め壁断面計算〜支保工断面計算まで一括計算。モーメントのつり合いによる根入れ長検討も可能。
 

 内容
 
●弾塑性法による断面力・変位計算〜土留め壁断面計算〜支保工断面計算まで一括計算します。
●掘削時・プレロード導入時・盛替撤去・埋戻しの計算に対応しています。
●鋼矢板・親杭・ソイルセメント壁の断面計算が可能です。
●地盤改良・土圧係数の指定入力・被圧地下水の入力が可能です。
●モーメントのつり合いによる根入れ長の検討が可能です。
●矩形・円形立抗の形状バネが考慮できます。
●逆巻コンクリートを分布バネとして考慮できます。
●ひずみ依存性を考慮した地盤バネの計算が可能です。
●鋼材データを登録ファイルから引用できます。(鋼矢板、H鋼材、ソイルセメント壁、アンカー材など)
●土留慣用計算<別売>とのデータ連動が可能です。

▼腹起し計算条件画面

▼施工ステップ画面

▼計算結果画面








腹起し計算条件画面
施工ステップ画面
計算結果画面


 適用範囲
 
共同溝設計指針 (昭和61年3月) 日本道路協会
仮設構造物設計基準 (平成2年) 首都高速道路厚生会
トンネル標準示方書[開削工法編]・同解説 (平成8年7月) 土木学会
設計基準(案)土木設計編 (平成4年4月) 日本下水道事業団
深い掘削土留工設計法 (平成5年9月) 日本鉄道技術協会
道路土工 仮設構造物工指針 (平成11年3月) 日本道路協会

土層 20層
切梁 30段
施工段階 40ステップ

 
 動作環境
OS Microsoft Windows95・98・Me・NT4.0(SP3以上)・2000・XP
CPU Intel Pentium 以上を推奨
メモリ 32MB以上(48MB以上を推奨.)
HD容量 20MB以上の空き容量
ディスプレイ 解像度 800×600ドット以上が表示可能なもの (1024×768以上を推奨)
マウス 本体に対応し、日本語Microsoft Windowsで使用可能なもの
プリンタ 本体に対応し、日本語Microsoft Windowsで使用可能なもの
備考 必要メモリ、ハードディスク容量はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意下さい
 

※ この製品は、川田テクノシステム株式会社が開発したソフトウェアです。

PAGE TOP


Copyright©2016 株式会社パイプデザイン 掲載されている内容の無断転用を禁じます。