PIPE DESIGN,Inc.
info

ホーム
新着情報
製品情報
GIS導入
システム開発
AutoCAD研修
サポートセンター
PIPE CLUB
資料請求
リンク
会社概要
求人情報
製品購入
ストア
お問い合わせ

Geo Pro

台帳データ作成サービス

PIPE NETWORK
PIPE Design Pro
PIPE VOLC
PIPE GIS Mini
GardenPro
ShapeReader

防災調節池

防災調節池

 概要
 
(社)日本河川協会「防災調節池等技術基準(案)」ならびに(社)日本下水道協会「下水道雨水調整池技術基準(案)」を参考に、防災調節池の水文・水理計算を行うほか、(社)雨水貯留浸透技術協会「雨水浸透施設技術指針[案]」に対応した貯留・浸透施設併用の計算を行います。
 

 内容
 
●簡便式による必要調節容量計算が可能です。
●流域、浸透施設、貯留施設の結びつき(系統データ)を指定する事により、多段式の洪水調節地を計算可能です。
●浸透施設、貯留施設を併用した場合の計算が可能です。

■流域
・洪水到達時間の算定機能を追加しました。(等流流速法、角屋式、土研式)
・長野県型の降雨強度式に対応しました。(その他Talbot型、Sherman型、久野・石黒型、君島型にも対応しています)
・降雨強度式として長短2式まで指定可能です。
・和歌山県型の降雨強度合成計算に対応しました。
・降雨波形は後方集中、中央集中、前方集中より選択可能です。
・等流流速法ではKerby、Rziha、Manning、Kraven、任意入力が選択可能です。

■貯留施設
・放流施設のサイズ自動決定機能を追加しました。許容放流量以下になるようなオリフィスサイズを自動的 に算出します。
・ピーク位置前後の出力間隔変更が可能となりました。これにより、全体の出力間隔を変更せずにピーク位置前後のみ詳細に出力する事ができ、出力ページ数の削減と詳細な出力の両立が可能です。
・堆砂量の計算が可能です。
・放流施設としては、次の9種類より選択可能です。
放流管(1)、放流管(2)、矩形堰、小型オリフィス(円形)、小型オリフィス(矩形)、大型オリフィス(円形)、大型オリフィス(矩形)、ポンプ、大型オリフィス(矩形 三重県)

■浸透施設
・浸透計算機能を追加し、貯留・浸透施設併用の計算に対応しました。
浸透計算は「雨水浸透施設技術指針[案]」に対応。
浸透計算は有効降雨モデル、一定量差し引きモデル、貯留浸透モデルより選択可能です。

▼メイン画面

▼流域画面

▼貯留施設画面

▼浸透施設画面







メイン画面
流域画面
貯留施設画面
浸透施設画面


 適用範囲
 
増補改訂(一部修正) 防災調節池等技術基準(案)解説と設計実例 (社団法人 日本河川協会 平成14年10月 第2刷)
雨水浸透施設技術指針[案] 調査・計画編 (社団法人 雨水貯留浸透技術協会 平成13年10月 第5刷)
宅地開発に伴い設置される浸透施設等設置技術指針の解説 (社団法人 日本宅地開発協会 平成10年2月)
増補 流域貯留施設等技術指針(案) (社団法人日本河川協会 平成5年5月)
下水道雨水調整池技術基準(案) 解説と計算例 昭和59年10月 (社団法人日本下水道協会 平成13年2月 第6刷)
下水道施設計画・設計指針と解説2001年版 (社団法人日本下水道協会 平成13年5月)
改訂新版 建設省河川砂防技術基準(案) 同解説・調査編 (社団法人日本河川協会 平成9年11月)

●防災調節池等技術基準(案)解説と設計実例によるオフサイト貯留(遊水地及び防災調節(整)池)および、それと併用の対象となる貯留・浸透施設のうち浸透側溝、浸透池を除く拡水法の浸透型施設。
●雨水浸透施設技術指針[案]調査・計画編の対象施設のうち、浸透ます、浸透トレンチ、透水性(平板)舗装。
●宅地開発に伴い設置される浸透施設等設置技術指針の解説の対象施設のうち、トラフ&トレンチ、浸透側溝を除く拡水法の浸透施設および貯留型施設。
●増補 流域貯留施設等技術指針(案)の対象施設のうち、浸透側溝を除く流域貯留浸透施設。
●下水道雨水調整池技術基準(案)解説と計算例の対象施設のうち、横越流堰方式を除く調節池
 

 動作環境
OS Microsoft Windows95・98・Me・NT4.0(SP3以上)・2000・XP
CPU Intel Pentium 以上を推奨
メモリ 32MB以上(64MB以上を推奨.)
HD容量 20MB以上の空き容量
ディスプレイ 解像度 800×600ドット以上が表示可能なもの (1024×768以上を推奨)
マウス 本体に対応し、日本語Microsoft Windowsで使用可能なもの
プリンタ 本体に対応し、日本語Microsoft Windowsで使用可能なもの
備考 必要メモリ、ハードディスク容量はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意下さい
 

※ この製品は、川田テクノシステム株式会社が開発したソフトウェアです。

PAGE TOP


Copyright©2016 株式会社パイプデザイン 掲載されている内容の無断転用を禁じます。