PIPE DESIGN,Inc.
info

ホーム
新着情報
製品情報
GIS導入
システム開発
AutoCAD研修
サポートセンター
PIPE CLUB
資料請求
リンク
会社概要
求人情報
製品購入
お問い合わせ

Geo Pro

台帳データ作成サービス

PIPE NETWORK
PIPE Design Pro
PIPE VOLC
PIPE GIS Mini
GardenPro
ShapeReader

電納ヘルパー(国交省設計版)

電納ヘルパー(国交省設計版)

 概要
 
電子納品では、各種基準に規定されている内容に従い、ファイルの作成、名称設定、管理情報作成など煩雑な作業が必要になります。また、写真や図面など大量のファイルを扱う場合には、作業量が膨大になる可能性があります。電子納品を支援するソフトウェアに要求される機能は、単なる管理ファイル(XMLファイル)の作成や、ファイルの名前付けだけではありません。「電納ヘルパー」は、大量のファイルを扱う実際の業務を想定し、その効率化を目指したソフトウェアです。
 

 内容
 
●将来性を考えた機能〜電子納品基準改訂対応機能(DTD管理機能)〜
建設CALS/ECは実証を含めさまざまな試行があり、関連基準等の仕様変更が想定されます。
電納ヘルパーはDTD(管理ファイルの定義)に基づいて作成されていますが、データの追加削除、構造の変更などDTDファイルを差し替えることで最新の基準に対応することができ、古い電子納品媒体管理から、最新基準に適合した媒体作成まで対応できます。
また、DTDエディタなどで編集すると、入力画面が自動的に変更されます。データ長、入力必要度はマスターから編集します。
 ・複数のDTDバージョンを扱えます。(DTD履歴管理)
 ・異なるバージョンのDTDに対する管理ファイルのデータ変換
 ・納品媒体読み込み時に最適なDTDを自動選択

●操作性〜入力インターフェース〜
★電子納品媒体の階層表示(ツリービュー)
 電子納品媒体のフォルダ階層と、登録したファイルの内容が一目で分るように、フォルダの説明と
 管理項目(XMLファイル内のデータ)をツリービューに表示できるようになりました。
 更にファイルの説明については、内容を任意に切り替えることができます。
 電子納品の規定のファイル名は、ファイルから内容が想定できない物が多いため
 電子納品媒体を読み込んだ時など、ファイルの内容を容易に確認することができます。
 また、作成時にはデータ入力の進捗状況も確認できます。
★XML入力インターフェース
 電納ヘルパーは管理ファイル(XML)の入力インターフェースを2種類装備しています。
(1)管理項目の入力凡例のついたインターフェース
  電子納品の管理項目は多数あるため、成果品ファイルに対応した入力箇所にジャンプする機能が
  付いています。
  ジャンプ機能により目的のファイルに関する情報を容易に入力することができます。
(2)成果品ファイルの一覧と入力グリッドが連携するインターフェース
  このインターフェースは、成果品ファイルの命名に関するファイルの並び順の編集や、
  管理項目のファイル間のコピー・ペーストを行なうために利用します。
  各管理項目でソートする機能が付いているため、ファイル間で共通するデータをコピーするなど、
  使い慣れた方にとって、より効率的な作業を実現します。

●電子納品媒体作成の徹底した効率化機能〜テンプレート〜
電子納品媒体作成支援ソフトに必要な機能は、成果品ファイルの物量を意識した効率化機能です。
電子納品は単にファイル名を付替えたり、XMLファイルを作るだけではなく、数百、数千のファイルの管理データをいかに効率的に作成するかがキーポイントになります。
「電納ヘルパー」なら、テンプレート機能によるデータの自動流し込みや、同じ属性を持つファイル間でデータを複写する機能などにより、大いに効率化が図れます。
★成果品ファイルの登録とともに自動的に管理データを入力するための機能であるテンプレート機能について、成果品ファイル一種類につき複数のテンプレートを利用できるようになりました。
さらに「電納ヘルパー」のデータファイルとともに保存されるため、作業の中断と再開による再入力の必要がなくなりました。

●成果品の品質を考えたデータチェック機能
昨今、ISO9000Sが入札資格条件、格付に反映されるなど品質が重視されています。
また、電子納品される管理ファイルは、発注者のデータベースに反映する内容でもあります。
「電納ヘルパー」は作成する電子納品媒体の内容をチェックすることで品質確保に対応しています。
なお、国土交通省の「電子納品・保管管理システム チェックシステム」との整合性を確認しています。
・ファイル名、関連付け、データ長、データ表現、文字コードをチェックします。
・全半角データ表現の間違いを自動修正
・OS・機種依存・TECRIS等、管理ファイルの禁則文字検出
★オリジナルファイルの内容に関する禁則文字検出機能が新たに追加されました。
対応するファイルは、一般的なOFFICE系のオリジナルファイルです。
(一部の特異なソフトウェアのオリジナルファイルについてはチェックできません)
★XMLデータ入力時にリアルタイムで基準への適合性を検査する機能が装備されました。
入力したその場で警告が表示されるため、納品イメージの作成時には、より高品質な電子納品媒体が作成可能になります。
・データチェックリストから入力画面を呼び出して編集することができます。
・作成済みの電子納品媒体についてのチェックも可能です。

●プレビュー機能
STEP対応SXF仕様ファイル(p21/sfc)・DXF・DWGといった図面ファイル、PDF・写真等のイメージファイル、Office系ソフト(Microsot Word、Excel、一太郎など)のファイルを、ソフトウェアなしでプレビューする機能です。
★写真をはじめ、図面や報告書オリジナルファイルに含まれるOffice系のファイルもサムネール表示することができます。
★今まで工事完成図書版のみに装備されていた、オリジナルファイルのプレビュー機能が、土木設計業務版にも搭載されました。
・納品媒体上のプレビューを想定して、スタイルシートを使った、XMLファイルと成果品ファイルのプレビューが連動します。

●納品支援機能
ウィルス検出ソフトの情報やTECRIS情報を使い、媒体ラベルや、納品書の作成を自動化しました。
また、元のファイル名と納品時に記号化されたファイル名の対応表も出力できます。
 ・納品媒体のラベル印刷機能(媒体イメージでデータ編集が可能)
★内容編集機能が強化されました。ラベル上の固定項目も編集可能になっています。
 ・「納品書」の出力機能(運用ガイドライン(案)に準拠)
 ・スタイルシートの出力をはじめ、媒体出力オプションが充実
 ・標準文字コードの「UNICODE」と「Shift−JIS」出力選択機能
 ・ファイル名対応表(元ファイルと納品ファイル名の対応表)出力

●便利なバンドルツール
電子納品に必要な便利ツールが豊富です。
★「PDF変換・連結ツール」(一括PDF作成・分割作成されたPDFファイルを連結するツール)
★「PDFページセットツール」(PDF文書内に印刷できるページ番号を挿入)
★「Officeプロパティ編集ツール」(作成者属性などを統一設定)
★「Officeプロパティ編集ツール」
Ver2.0ではオリジナルファイルを作成したソフトウェアが必要でしたが、Ver3.0ではofficeソフトの有無によりファイルプロパティーの編集できる内容が動的に変わるようになりました。操作性やパフォーマンスの向上も図られています。
★ヘルプ/コマンドリファレンス
電子納品の概要や手順を解説した「操作編」と、各種メニュー・機能の使い方を解説する「リファレンス編」が装備されました。
★外部ソフトとの連携
写真管理ソフトなど、「電納ヘルパー」以外のソフトウェアで作成された電子納品媒体の、読み込み内容の確認や部分的に取得して、作業中の成果品と合成する機能も装備されています。
読み込む電子納品媒体の要領・基準のバージョンは今までに発表された旧版にも対応しています。
読み込んだ後に最新のバージョンに変換することも可能です。

●測量成果の電子納品要領(案)への対応
★電納ヘルパー(土木設計業務版)Ver3.0から「測量成果の電子納品要領(案) H14.7」に対応しました。
基準点・水準・地形測量の3区分に対応します。
平成14年10月にパブリックコメントを募集した「応用測量」については順次対応いたします。

●地質調査資料整理要領(案)への対応
★電納ヘルパー(土木設計業務版)Ver3.0から「地質調査資料整理要領(案)H14.7」に対応しました。
旧要領からは「コア写真」「土質試験データ」などの扱いが大幅に変更されています。

●測量オプション   ★国土交通省「測量成果電子納品要領(案) 平成15年3月」に対応!
 近日リリース! ※電納ヘルパー(土木設計業務版)が必須です。
基準を読まなくてもラクラク電子納品!
★測量のフォルダ構成は複雑ですが、測量オプションなら要領(案)を意識せずウィザード形式でラクラク登録!
☆画面上の説明文を見ながら登録・入力。「次へ」ボタンで先へ進むウイザード形式です。
☆ファイル登録はドラッグ&ドロップで。
☆入力項目には記入例のガイド付き。
☆作業の進捗状況が右側の青いグラフで一目でわかります。
☆測量オプションで登録したデータやファイルが、電納ヘルパー(土木設計業務版)に反映します。


▼要領・基準設定画面

▼階層表示画面

▼入力インターフェース(1)

▼入力インターフェース(2)

▼入力インターフェース(3)

▼テンプレート設定画面

▼ファイル登録時の警告表示画面

▼データ入力時の警告表示画面

▼全体チェック画面

▼オリジナルファイルの禁則文字チェック画面

▼Office系ファイルのサムネールとプレビュー画面

▼写真ファイルサムネール画面

▼図面ファイルサムネール画面

▼測量成果関連画面

▼地質調査資料関連画面

▼測量オプション概念図

▼区域情報設定画面(測量オプション)

▼測量区分設定画面(測量オプション)

▼基準点登録画面(測量オプション)

▼ファイル登録画面(測量オプション)


要領・基準設定画面
階層表示画面
入力インターフェース(1)
入力インターフェース(2)
入力インターフェース(3)
テンプレート設定画面
ファイル登録時の警告表示画面
データ入力時の警告表示画面
全体チェック画面
オリジナルファイルの禁則文字チェック画面
Office系ファイルのサムネールとプレビュー画面
写真ファイルサムネール画面
図面ファイルサムネール画面
測量成果関連画面
地質調査資料関連画面
測量オプション概念図
区域情報設定画面(測量オプション)
測量区分設定画面(測量オプション)
基準点登録画面(測量オプション)
ファイル登録画面(測量オプション)


 適用範囲
 
●土木設計業務等の電子納品要領(案) 平成13年8月
●CAD製図基準(案)平成14年7月
●デジタル写真管理情報基準(案)平成14年7月
●地質調査資料整理要領(案)平成14年7月
●測量成果電子納品要領(案)平成15年3月
 

 動作環境
OS Microsoft Windows98・Me・NT4.0(SP3以上)・2000・XP
CPU Intel Pentium400MHz 以上を推奨
メモリ 128MB以上(256MB以上を推奨.)
HD容量 納品されるファイルの容量以外にシステム用として60MBの空き容量
ディスプレイ 解像度 800×600ドット以上が表示可能なもの (1024×768以上を推奨)
マウス 本体に対応し、日本語Microsoft Windowsで使用可能なもの
プリンタ 本体に対応し、日本語Microsoft Windowsで使用可能なもの
ソフトウェア Internet Explorer5.0以上が必須です。
PDF ファイル閲覧用としてAdobe Acrobat Reader を使用します。
DXF ファイル閲覧用としてAuto Desk VoloView を使用します。
備考 必要メモリ、ハードディスク容量はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意下さい
 

※ この製品は、川田テクノシステム株式会社が開発したソフトウェアです。

PAGE TOP


Copyright©2016 株式会社パイプデザイン 掲載されている内容の無断転用を禁じます。