PIPE DESIGN,Inc.
info

ホーム
新着情報
製品情報
GIS導入
システム開発
AutoCAD研修
サポートセンター
PIPE CLUB
資料請求
リンク
会社概要
求人情報
製品購入
お問い合わせ

Geo Pro

台帳データ作成サービス

PIPE NETWORK
PIPE Design Pro
PIPE VOLC
PIPE GIS Mini
GardenPro
ShapeReader

Autodesk製品

AutoCAD 2017

AutoCAD 2017


AutoCAD® を使って、いつも設計の最先端にいることができます。簡単になったドキュメント作成ツールを使用して、正確な図面を共有しましょう。TrustedDWG™ テクノロジーによってデスクトップとモバイルをつなぎ、共同作業を進めてください。

新機能

中心線と中心マークをスマートに作成
よりすばやく直感的に作成と編集を行えます。
強化されたコーディネーション モデル
現況の BIM モデルに合わせて設計を行うことができます。
AutoCAD 360 Pro モバイル アプリ
モバイル デバイスで CAD 図面を作成、編集、表示することができます。
デザイン ビューを共有
クラウドに 2D および 3D CAD 図面をパブリッシュすることができます。
PDF を読み込み
[ファイルを読み込む]で PDF 形式を使用できるようになりました。
強化された 3D プリント機能
3D モデルを 3D プリント サービスに送信したり、Print Studio を使用することができます。
強化された移行ツール
カスタム設定やカスタム ファイルは簡単に移行できます。
Autodesk デスクトップ アプリ
単一のアプリからすべての更新を管理できます。

AutoCAD LT 2017

AutoCAD LT 2017


製図ソフト AutoCAD LT® では 2D CAD 図面を作成することができます。サブスクリプションメンバーは拡張サポートを追加費用なしでご利用いただけます。AutoCAD LT の機能をご紹介します。

新機能

拡張サポート
電話やチャットによる技術サポートなどのサービスを優先的に受けることができます。
PDF ファイルの読み込み
[ファイルを読み込む]で PDF 形式を使用できるようになりました。
デザイン ビューを共有
クラウドに 2D CAD 図面をパブリッシュすることができます。
オートデスク デスクトップ アプリ
単一のアプリからすべてのソフトウェア アップデートを管理
中心線と中心マークをスマートに作成
よりすばやく直感的に作成と編集を行えます。
AutoCAD 360 Pro
モバイル デバイスで CAD 図面を作成、編集、表示することができます。

AutoCAD Map 3D 2017

AutoCAD Map 3D 2017


AutoCAD® Map 3D ソフトウェアを使うと、さまざまなソースから CAD や GIS データにアクセスすることができます。ガス、上下水道、電力の業界データモデルにより、アセット情報の整理や、業界規格および業務要件の適用が簡単になります。

機能

地形データへのアクセスと編集
ソースから直接取得される地形データ、データへのアクセスと管理(拡張)、測量機能、サーフェスおよび点群ツール
GIS 解析およびプランニング ツール
解析ツール、座標系と地理的位置(拡張)、座標系の作成、記号の作成と編集、ダイナミックなツールチップとリンク
専門業種ごとのデータ モデリングと管理
データ管理ツール、その他の形式で業種別モデルにアクセス、ワークフローとフィーチャ ルール、データをインテリジェントな業種別モデルに変換(拡張)、線形参照システムの設定、業種別モデルの解析
パブリッシュと相互運用性
業種別モデルのデータをオフラインで取得(拡張)、デスクトップから Web、さらに Autodesk 360 へ(拡張)、Web に直接パブリッシュ、AutoCAD および GIS ソフトウェアと相互運用、3D プランニング/設計ツールによるデータ交換、ダイナミック凡例、方位記号、縮尺バー、グリッド、経緯線網、マップ ブック

Infrastructure Design Suite 2017

Infrastructure Design Suite 2017


Infrastructure Design Suite により、土木インフラプロジェクトの計画、設計、施工、ドキュメント作成を行うことができます。 土木設計の検討と解析を行うことができます。 ビジュアライゼーション機能により、合意形成プロセスをスピードアップすることができます。 道路、用地、公共事業および水道関連プロジェクトに関わる業務の効率化を支援します。

機能

プラン
GIS データの利用と空間解析の実行、土木設計と複数案の検証、インフラストラクチャ設計のアイデアをビジュアライゼーション
予備設計
機関の認可プロセスを促進、計画の承認依頼を迅速に作成、点群機能
設計とドキュメント作成
ビジュアルを向上、橋梁およびトンネルをモデル化、モデルベースの公共ネットワーク向けツールを使用、包括的な CAD ツール
施工
AutoCAD 2016 の BIM コーディネーション、5D プロジェクト スケジュール、プロジェクト全体の調整、施工費の最適化

AutoCAD Civil 3D 2017

AutoCAD Civil 3D 2017


土木設計ソフトウェア AutoCAD® Civil 3D® の各種ツールは、ビルディング インフォメーション モデリング(BIM や CIM)をサポートし、設計、解析、変更にかかる時間を短縮します。

新機能

強化されたコリドー データ ショートカット(DREF)
コリドーのデータ ショートカットを作成して共有することができます。
高度な環状交差点の設計
新しい環状交差点の設計を Civil 3D に取り込むことができます。
コリドー基線としての計画線
コリドーを使用して、サイト計画を設計することができます。
コリドーのコーナーのクリーンアップ
内側または外側のコーナーで、シェイプを簡単にモデル化することができます。
強化された圧力管コンテンツ
バルブと圧力管の新しいコンテンツ。
コリドー計画線の抽出ワークフロー
複数の計画線を抽出する新しい機能。
計画線の[サイトなし]オプション
サイトを作成することなく、計画線を作成することができます。
参照スタイル ユーティリティ
設計標準の適用を一元管理することができます。
プロパティ データをコリドー ソリッドに
データと情報の変更を自動化することができます。
プロパティ セット定義
任意の図面オブジェクトに対して、データを作成して使用することができます。
DREF サーフェスのキャッシュ
地形サーフェスをキャッシュし、Civil 3D の図面を広範囲に共有することができます。
オブジェクトのサブ フォルダ
サブフォルダを使用して、モデル データを整理することができます。
参照の効率的な作成
シンプルなドラッグ アンド ドロップ操作で DREF を追加することができます。

AutoCAD LT Civil Suite 2017

AutoCAD LT Civil Suite 2017


SXF データ交換を強力に支援する AutoCAD LT Civil Suite は、世界中で多く利用され、2 次元 CAD として定評のある AutoCAD LT と電子納品データ作成時の時間短縮とコスト削減を実現する Autodesk CALS Tools がセットになった土木設計・電子納品用のベストソリューションです。AutoCAD LT Civil Suite は、AutoCAD LT による DWG を中心とした設計プロセスの構築でワークフローを効率化することができます。DWG/DXF と SXF データ変換をシームレスかつ高速に行うことができます。さらに最新バージョンでは、SXF の最新バージョンから JW_CAD データの読み込みまで対応しています。これにより CAD 製図基準(案)に準拠した電子納品用の図面データの作成作業効率を大幅に向上し、さらには、製図規定の作成、周知徹底やトレーニングなどに費やす時間やコストを大幅に削減します。

機能

レイヤへ自動変換
レイヤ自動振り分け機能(自動/半自動/手動)により CAD 製図基準(案)に準拠したレイヤへ振り分けることができます。さらに、これまで振り分けに時間を要していた横断図の現況地形線などをより精度高く解析。振り分け精度が向上しています。
土木図面とドキュメント作成を改善
CAD 製図基準(案)に沿った線(種類、色、太さ)、文字(高さ)をチェックし、エラーを検出し、自動修正します。
複数、さまざまな CAD データを 1 種類のデータ形式に一括変換
DWG/DXF、SXF、JWW/JWC ⇒ DWG/DXF、SXF など各種データ形式間のシームレスな交換を実現します。利用している CAD アプリケーションで簡単に編集可能です。
JW_CAD データ読み込み対応
CAD 図面データで多く使われる DXF/DWG、電子納品データである SXF 形式に加え、JW_CAD のデータ読み込みにも対応しました。新たなデータ形式の追加により、活用できるデータの幅が広がります。

AutoCAD Raster Design 2017

AutoCAD Raster Design 2017


AutoCAD Raster Design の強力なラスターからベクトルへの変換ツールを使って、スキャンした図面を慣れ親しんだ Autodesk® AutoCAD® 環境で編集、向上、および維持します。

機能

時間節約の画像表示機能
ラスター/ベクトル変換ソフトで画像データの広い範囲を使用。埋め込み画像の挿入とエクスポートイメージ、多角形マスク境界と表示画像のサブセット。
画像編集とクリーンアップ
斑点除去、バイアス、ミラー、および画像をタッチアップ。
ラスター図形処理(REM)
ラスタ領域とプリミティブ上の標準AutoCADコマンドを使用。簡単にラスタ画像、線、円弧、円を消去。
ベクトル化ツール
ラスタ画像から線やポリラインを作成し、ラスターファイルはベクター描画に変換。
画像変換機能
AutoCAD Civil3D と AutoCAD Map 3D で使用されたときにジオリファレンス画像を分析。

AutoCAD Architecture 2017

AutoCAD Architecture 2017


建築図面、設計図書、集計表をすばやく簡単に作成できます。AutoCAD® Architecture の設計および作図機能を使うと、作図作業が自動化され、エラーの減少と作業効率の向上につながります。

新機能

屋根のグリップ編集
屋根の輪郭の作成と編集を正確に行うことができます。
強化されたスタイル ブラウザ
コンテンツ ライブラリはフォルダや A360 をサポートしています。
強化された断面図と立面図
ライブ断面図の編集中に外部参照を編集できるようになりました。
輪郭作成
通常のポリゴン形状の境界を高速かつ正確に描画します。

AutoCAD Mechanical 2017

AutoCAD Mechanical 2017


AutoCAD® Mechanical には、AutoCAD のすべての機能に加え、機械設計者が必要とする機能が多数搭載されています。
規格準拠の部品ライブラリ・寸法機能・作図支援ツールを利用すれば、より早く、正確な図面作成が可能です。

新機能

画層グループ:選択表示や復元などの機能
リボンのボタンをクリックして、画層グループを選択表示したり、復元できます。また、画層グループの線種や線の太さも指定できます。Mechanical 画層管理で、画層グループに使用する線種と線の太さを選択できます。
長方形を簡単に作図
すべての長方形作成コマンドがリボンに含まれました。プレビューで確認しながら長方形を作成できます。カーソルを合わせてマウスでドラッグする方法に加えて、ダイナミック入力を使用して正確な長さを指定できるようになりました。
引出線注記の機能強化
マルチ テキストのように、引出線注記を作図領域内で直接編集できます。ダイアログ ボックスを開かずに作業できるため、注記を作成して編集するときに、作図領域に集中できます。引出線注記ダイアログ ボックスのオプションはすべて、リボンから使用できるようになりました。

引出線注記の機能には、穴とねじ山データ抽出などがあります。

AutoCAD Electrical 2017

AutoCAD Electrical 2017


AutoCAD® Electrical は、一般的な設計タスクを自動化でき、作図作業の生産性向上を支援するエンジニアリング ソフトウェアです。AutoCAD のすべての機能が搭載されています。さらに、シンボル ライブラリ、部品表(BOM)レポート作成、PLC I/O 設計など、電気制御の CAD 設計に必要な機能が揃っているため、制御系の設計をさらに速く、より効率的に行うことができます。

新機能

プロジェクト マネージャの[ロケーション ビュー]タブ
新しい[ロケーション ビュー]タブで柔軟性が向上します。
[ロケーション ビュー]タブの機能強化
プロジェクト全体の表示や書き出し、パーツのリンクが可能です。
配線に関する機能の改善
図面およびプロジェクト プロパティの並び替え機能が配線シーケンスにも適用されます。
カタログ データに対して Microsoft SQL Server の利用をサポート
カタログ データに対して SQL Server の利用がサポートされるようになりました。
Autodesk Inventor との相互運用性
Inventor とシームレスに連携できるエレメカ連携ソリューションです。
Inventor と組み合わせた部品表(BOM)レポート
リンクされたプロジェクトも含めた部品表(BOM)レポートを生成できます。

AutoCAD P&ID 2017

AutoCAD P&ID 2017


配管設計ソフトウェア AutoCAD®P&IDを使用して配管および計装ダイアグラムを作成、変更、および管理します。AutoCAD®上に構築され、それは多くのデザイナーやエンジニアによく知られている。簡単な報告で、編集、共有、配管および計装設計情報の検証、プロジェクトがより簡単に起動し、すぐに終了することができます。

機能

データマネージャ
変更管理、表示、および編集機能を備えたエンジニアリングデータを管理します。
ダイナミックなラインとコンポーネント
繰り返し配管のCAD作業を簡素化。作成、移動、および直感的なグリップ編集して、所定の位置に線や部品をはめ込みます。
シンボルライブラリ
図面へのスナップ、業界標準のシンボル(PIP、ISA、JIS、ISO/ DIN)またはカスタマイズされた記号。
タグ付けと注釈
作成、カスタマイズ、およびタグを編集や注釈。プロパティが自動的に伝播します。図面にデータマネージャからの情報をドラッグします。
報告と情報交換
様々なファイル形式にフォーマットされたテーブルへのインポートデータを、エクスポート。
検証
精度を向上させ、より迅速に問題を特定するためにエラーチェック。
データ交換
このような、ISO15926などのオープンな標準ベースのデータ交換をサポートしています。

AutoCAD Plant 3D 2017

AutoCAD Plant 3D 2017


設計者やエンジニアがより精度の高いプラント モデルやドキュメントの作成を実現できるようにするための力強いツールで、プラント設計のプロセス全体で生産性とコーディネーションを促進。

機能

専門的なワークスペース
3D工場レイアウト設計のための最適化されたインタフェース。
仕様とカタログ
プロジェクトの要件に対応するために、仕様主導型の技術およびANSI/ ASME(B16)およびDIN/ ISOカタログを使用してください。他のアプリケーションからのインポートの仕様。
配管、機器、および構造
モデル仕様駆動型のパイプラインや部品半自動または手動で。標準装備のライブラリをカスタマイズします。外部から参照したり、パラメトリック構造要素を作成します。干渉を特定します。
設計図書
より正確なアイソメトリック、正投影、およびドキュメントを生成します。
検索およびレポート
クエリとデータを操作する。レポートを生成します。 PCFファイルにエクスポートします。
AutoCADのP&IDの統合
統合された機能は、P&IDと3Dプラント設計モデル間でデータの一貫性を可能にします。
NavisWorksの互換性
より簡単に全体のプロジェクトレビューを行う。
データ交換
ISO15926のようなオープンな標準ベースのデータ交換をサポートしています。

3ds Max 2017

3ds Max 2017


3ds Max® なら、プロ品質の 3D アニメーション、レンダリング、モデリングを作成できます。高品質の 3D コンテンツを短期間で制作できる、効率的なツールセットが搭載されています。

新機能

アニメーションの生産性(機能強化)
アニメーション プロセスの応答性がさらに向上しました。
テキスト ツール(機能強化)
シーンにテキスト情報を含めた文字を追加できます。
測地線ボクセルとヒートマップのスキニング
優れたスキン ウェイトを短時間で作成できます。
Max クリエーション グラフ アニメーション コントローラ
3 つの新しいコントローラを使用してプロシージャ アニメーションを作成できます。
ハード サーフェス フォームをすばやく作成
ハード サーフェス フォームをすばやく作成できます。
UV マッピング(機能強化)
UV ナビゲーションと編集機能が最大で 10 倍高速になりました。
オブジェクト ツール(機能強化)
オブジェクトの作業用ツールに簡単にアクセスできます。
テキストとシェイプ マップ
2D オブジェクトを使用して、デカールおよびテキストベースのグラフィックスを作成できます。
Autodesk Raytracer Renderer(ART)
建築シーンの正確なイメージを作成できます。
簡単なシミュレーション データの読み込み
CFD、.CSV、または OpenVDB 形式のシミュレーション データをアニメートできます。
アセット ライブラリ
すべての 3D コンテンツにすばやくアクセスできます。
高解像度ディスプレイのサポート
3ds Max は、最新の HDPI モニタやノート パソコンで実行できます。
パイプライン ツールとの統合の改善
機能が拡張され向上した Python と .NET ツールセットを利用できます。
シーン コンバータ
別のレンダラーにシームレスに移動できます。
ゲーム エクスポータ
ゲーム エンジンへ簡単にデータを転送できます。
ライブ リンク
3ds Max と Stingray エンジンを接続します。
Stingray シェーダのサポート
物理ベースのシェーダをサポートします。
Max クリエーション グラフ(機能強化)
シェイプとスプラインを使用し、シミュレーションデータを読み込むことができます。

Revit 2017

Revit 2017


BIM ソフトウェア Revit® は、建築設計、MEP エンジニアリング、構造エンジニアリング、建設施工用の各種ツールを提供し、複数分野での連携を可能にします。

新機能

プラットフォーム
グローバル パラメータ、改善されたソフトウェア パフォーマンス、ファミリ表示のプレビュー、洗練されたテキスト配置と編集、より柔軟な注釈タグ、Dynamo グラフィカル プログラミング インタフェース、パラメータの結合
建築設計
デプス キューイング、手すりの配置を改善、FormIt 360 コンバータ、Autodesk Raytracer レンダリング エンジン、Autodesk Insight 360
構造エンジニアリング
鉄筋コネクタ、グラフィカルな鉄筋拘束マネージャ、曲げ配筋、さまざまな鉄筋形状に対応、構造接合、柱の分割、改善された構造基礎、新しい鉄鋼断面カタログ、Autodesk Steel Connections for Revit
MEP エンジニアリングおよび製造
製造用パーツのモデリングを改善、製造用部品種別の変換、製作図の作成、製造用ハンガー部品の改善、製造用部品レイアウトの改善、設計ツールの機能強化、Autodesk Insight 360

FUSION 360

FUSION 360


Fusion 360™ は、3D CAD、CAM、そして CAE が一括して行えるクラウドベースの製品開発プラットフォームです。工業デザイン、メカニカルデザイン、シミュレーション、そしてコラボレーションから製造までの過程を、このツール1つで行うことができます。コンセプト設計からプロダクションまでのツールが融合した Fusion 360 を使うことで、簡単に、そしてすばやくデザインを行うことができます。

機能

イタレーションと形状確認をすばやく
デザイン アイデアのイタレーション、スカルプティング ツールやモデリング ツールを使用して、形状や仕上がりを確認できます。
シミュレーション機能を活用したデザイン設計
デザインが固まったら詳細設計に移ります。アセンブリを作成して組み立てや機構を検証したり、外観を確認するためにフォトリアリスティックなレンダリングやアニメーションを作成できます。
設計したパーツのファブリケーション
3D プリンタによるラピッド プロトタイプを行ったり、CAM ワークスペースで作成したツールパスを使用してコンポーネントを加工できます。
コラボレーションと管理
Fusion 360 を使って、デザイン チームのメンバー同士で連携し、共同で製品開発を行うことができます。
これからの Fusion 360
Fusion 360 はコミュニティと共同して作り上げられてきました。ユーザの皆様からのご要望に応え、新機能を 6 〜 8 週間ごとに公開しています。

AutoCAD Revit LT Suite 2017

AutoCAD Revit LT Suite 2017


Revit LT™ で直観的なビルディング インフォメーション モデリング(BIM)をご体験いただけます。協調して動くモデル ベースの BIM ソフトウェアで、クオリティの高い 3D 建築設計とドキュメントを作成できます。Revit や AutoCAD のプラットフォームで他のソフトウェアを使用している関係者と設計を共有できます。

機能

ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)への移行
AutoCAD® Revit LT™ Suite なら、使い慣れたツールを操作しながら BIM に簡単に移行することができます。

Inventor Professional 2017

Inventor Professional 2017


機械設計と 3D 設計用の CAD、Inventor® および Inventor® Professional には、フリーフォーム、ダイレクト、パラメトリックの各モデリング オプションに加え、設計オートメーション ツール、高度なシミュレーションとビジュアライゼーションのツールが搭載されています。

新機能

シェイプ ジェネレータ
関数を指定するだけで Inventor が完全なフォームを作成します。
3D PDF の書き出し
誰でも開くことのできる 3D ドキュメントを作成できます。
クラウド ベースでの 3D 設計のレビュー
設計に対する意見交換をクラウド上で行えます。
プリント基板(PCB)の相互運用性
PCB と機械設計を統合できます。
分解図とアニメーション
製品の構造と組み立てプロセスを確認することができます。

AutoCAD Inventor LT Suite 2017

AutoCAD Inventor LT Suite 2017


取引先に合わせた CAD をすべて導入したら大変です。Inventor LT™ のマルチ CAD 環境であれば、さまざまな CAD データを設計に活かすことができます。Inventor のパワフルなパーツ モデリング機能を利用すれば、いままでの 2D 設計環境から簡単に 3D CAD へ移行することが可能です。

新機能

Inventor LT 2017 の新機能
編集、作図、PDF エクスポートのための新しいツールが追加されました。

PAGE TOP


Copyright©2017 株式会社パイプデザイン 掲載されている内容の無断転用を禁じます。